私の職場には、今までたくさんの派遣の方に働いてもらいました。その人たちの話を書きたいと思います。

どっちが正解?派遣で働くかパートで働くか

いろいろな派遣の人を見てきました

人材不足が問題となっている介護。私の施設でも人材が少なく、仕事が回らないので、派遣の方に助けてもらっております。何人も派遣の人を見てきたのですが、やっている理由は人それぞれです。ただ、大きく分けて三つ程に分けることができるのではないでしょうか。一つ目は勉強のため。いろいろな施設で働くことになるので、どのような介護が良いのか。また、どのような設備が良いのか。それを勉強している人がおりました。確かに正規職員となってしまうと、他の施設を見ることは、ほとんど出来なくなるので好都合なのかもしれません。

次に仕事のつなぎとして、働いている人。次の就職が決まるまでの短い間だけ、登録をして働いているようです。また、次の就職には資格がいるようで、その資格を取得するまでの間、つなぎとしてやっている人もいました。最後に職場探しでやっている人もいました。うちの施設には残念ながら、そのまま正規職員となった人はおりませんが、今でもパートとして就職した人がおります。確かに、職場内の雰囲気や仕事内容などはやってみないと分かりません。それを先に知っておいてから就職をする。賢いやり方なのではないでしょうか。

そういうことで条件がとても良くなっています。アルバイトですと、こんなに良い条件で働けるところはありませんので、お金も貯めやすいです。派遣は多くの人達が理解しているように、生産が減ってくると仕事が無くなるというデメリットはあります。しかし、最近の傾向としては国内外、共に経済が堅調な動きで不安点も少ないと言えます。しばらくは安定的に仕事があるような市場の状況だと思います。