時給600円のアルバイトから、時給1000円の派遣社員の仕事へとステップアップ、チャンスをつかみます。

どっちが正解?派遣で働くかパートで働くか

アルバイトから派遣社員へステップアップ

ずいぶん昔の話になりますが、20代の頃、時給600円でアルバイト生活を送っていました。周囲の同年代は正社員として働いている中、自分はアルバイトで生活していたのです。収入などには大きな差があり、買い物もあまりしませんでした。アルバイトは週に6日出勤し、人が足りない時には9時に出勤して店を開け、20時に店を閉めてレジの計算をして、という長時間労働もありました。たまに、時給が千円くらいだったら、ものすごくやる気もアップするだろうな、と夢見たりもしていたのです。知り合いのお姉さんは結婚してから、事務員の仕事をしています。家庭を第一に考えるので、派遣社員で働いていると言います。派遣という働き方を知ったのはその時でした。紹介で派遣会社に登録し、希望の職種を問われました。

学校を卒業してから、サービス業でアルバイトをしてきたことから、IT系は全くの素人です。軽作業を希望し、単発での仕事から引き受けることにしたのです。キャンペーンスタッフの仕事でしたが、提示された時給に驚きました。1時間の時給が、なんと千円だったのです。夢見ていた時給千円の仕事です。今まで時給600円のアルバイトが普通だったので、この金額には仰天です。その日のがんばりようは、言うまでもありません。事務員での応募が多い派遣会社でしたので、少しでもパソコンができれば紹介できるとのことでした。全くのパソコン初心者でしたが、軽作業の仕事を待つより、パソコンをマスターして事務職を目指そうと、考えを変えたのです。